エステの意味と種類

エステの意味と種類について調べた事とそれによって私が考えた事を書きました。

エステの意味と種類

エステの意味と種類

今ではエステを言う言葉を知らないと言う人は非常に少ないと思うのですがそのエステと言う言葉の本当の意味を知らない人も意外と多いはずです。
エステとは痩身・美白・脱毛などを代表する全身の美容術の事を言います。
顔の美容だけだと思っている方も多いのではないかと思います。
又エステにはリラクゼーションも兼ねている事が多くてエステに行くと気持ちが良く気分がほぐされたり癒される事が多いと言う事です。
英語ではaesthetic(エスセティック)と呼んで美学や美意識を意味する言葉で日本ではそれを略してeste(エステ)と呼んでいるそうです。
英語かと思っていたら日本人が勝手に略した和製英語のようなものです。
日本では明治時代から「美顔術」と呼ばれていた女性向けの顔のお肌に手入れが現代のエステの発祥で、その名残なのかエステ=顔の手入れと思われる方が多いのではないのかと思われます。
最初は裕福な家庭の人しか出来なかったのですが時代の進化と共に一般庶民にも生活に余裕が出来近頃ではブームとなっています。
ですが決して安くて手軽に誰でもが行けるとは私は思っていません。
高度成長時代は景気も良く生活に余裕もありましたが不景気が続く現代では精神的にも経済的にも余裕はありません。
ですがそんな中でも「美」に関心は深く追求され精神的な余裕を見出す為に皆エステに行くのだと思っています。

エステの種類

只一言にエステを言っても種類は多くあります。
まず体全体をマッサージして新陳代謝を高める事を目的としたボディエステがあります。
そして体のむくみを解消し体を引き締める効果のある痩身エステもあります。
次にワキ毛やムダ毛を処理する脱毛や顔を中心に綺麗にするフェイシャルエステでシミや皺の処理や美白で知られています。
リフレクソロジーという聞きなれない名前でマッサージする事によって血液やリンパの流れを良くしてリフレッシュ効果のあるものもあります。
体内にたまった毒素を排出する事を目的としたデトックスというエステもあり毒素の排出により体内が洗浄されて健康を維持し促進するエステもあります。
花嫁が通うブライダルエステは皆さんご存知ですがこれもエステの種類の一つです。
他にも自宅で簡単に行えるプチエステや自然医療としても日常生活に取り入れられたアーユルヴェーダという物もあるそうです。
代表的なエステの種類を揚げて見ましたが他にも私のしらないエステの種類は多々あると思われますがその種類の多さにとにかく驚きました。
それに加えてエステは只見た目を美しくするだけでは無くて人間の健康を一番に考えられていると言う事に気づきました。
私は只、漠然とエステに行ってみたいと思っていましたが何をどうしたいのかをもう一度考え直さないといけないと感じます。
美しさの為には健康が大切だと言う事がよく解ったのです。

注目リンク